映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近観た映画の覚え書きです。


1
『クローバーフィールド』
内容はないけど、めちゃくちゃ面白かったです。
ハンディカムで撮られた映像がすごくリアルで
映画の中に完全に引き込まれました。
すべてを映さず、観客の想像力を駆り立てる作品です。
★★★★★


2
『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
ジュード・ロウは言うまでもありませんが
ノラ・ジョーンズの演技が期待以上でした。
こういうラブストーリー、けっこう好きです。
切ないけど、なんだか心が温まります。
★★★★☆


3
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンら、
オスカー俳優が顔をそろえた超豪華な作品です。
1980年代の“極秘の戦争”という出来事を描いた、事実に基づく物語ですが
トム・ハンクスもジュリア・ロバーツも、なんだかウサン臭い感じ。
★★☆☆☆


4
『最高の人生の見つけ方』
死を間近にした初老の男たちのロード・ムービーです。
主役はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人。
二大オスカー俳優の対照的な個性を楽しめる快作です。
★★★★☆


5
『チーム・バチスタの栄光』
思いがけず、面白い映画でした。
最初はちょっとした喜劇作品かと思っていたのですが
実はミステリー作品で、それなりにスリルもありました。
阿部寛はクセのある人物を演じるのがうまいですね。
★★★★☆


6
『HERO』
イ・ビョンホンがカッコイイ! ただそれだけです。
タモリの政治家役はムリありすぎ!?
★★☆☆☆


7
『魔法にかけられて』
おとぎの国のナンセンスな部分を笑いにしたところが面白かったです。
ディズニー映画ですが、子供向けというより大人の女性向けでしょうね。
パトリック・デンプシーがセクシーでカッコよかったです。
★★★☆☆


新ブログを始めました。→ まりぷーのオランダ日記
スポンサーサイト
テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画
フランダースの犬


兄がオランダ引越しの餞別に『フランダースの犬』のDVDを贈ってくれました。

うちの兄ちゃん、これはオランダのお話だと思っていたみたいですが
実はベルギーが舞台のお話なんですよね。
私も知りませんでしたが…

このDVDを選んでくれた兄ちゃんのセンスに感動です。
いいオジサンですが、まだピュアな心を持っているようです

さっそく、我が家の愛犬2匹を横に座らせて観てみることに。

もう涙腺がゆるみっぱなしでした。
どこまでも不幸なネロに涙。。。
そんなネロに寄り添い、必死に支えようとする健気なパトラッシュに涙。。。
そして、あの結末に号泣。。。

いやぁ、何度観ても泣けますね~。
これぞ飼い主と愛犬の究極の愛の形ですね~

ふと横を見ると、毛布にくるまってヌクヌクと眠っている愛犬たち。
E&L2

君たちは幸せだね~
E&L1


ネロとパトラッシュのご冥福をお祈りします。(実話じゃないけど…)
テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画
AmericanGangster


2大オスカー俳優 デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ 競演の
アメリカン・ギャングスター』を観てきました。

今回もデンゼル・ワシントンの演技力に魅了されました。
冷徹な悪の帝王を演じる彼は本当に恐ろしいです。
「本物のマフィアのボスって、きっとこういう感じなんだろうなぁ」と思いました。

ラッセル・クロウの方も熱血刑事の役がピッタリ。
見かけはサエナイ男だけど、独自の鋭いカンで真相を突き止めていく。
ボサボサの小太り男で、最初は「うげ、カッコ悪い!」と思っていたけれど
だんだん彼の男気に魅せられて、中盤からカッコよく見えてきました。

デンゼルとラッセルが絡むシーンはあまり多くはありませんが
その方が演出的には良かったんだと思います。
2人の共演シーンは、本当に“競演”って感じで緊張感が漂っているので
あまり長いと、観ているこっちが疲れてしまいそうです。

演出もすごく良いし、とても楽しめる映画ですが…
なぜかなぁ… 何かが足りない気がする。
結末があっけないからかなぁ?
最後はもうちょっと盛り上がると思ったのですが
「あれ?もう終わりなんだ」みたいなね。

上映時間は157分と長めですが、「もうちょっと観たい」感が残ります。
そう考えると、やっぱり面白い作品なんでしょうねぇ。
うん、面白かったです。

★★★★☆
テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画
ミュージカル版『RENT』を観て以来
すっかり『RENT』にハマってしまった今日この頃。

まずは、ミュージカルを観たその日に
映画版『RENT』のDVDをAmazonでポチっと購入。
RENT

2日後に家に届いたDVDをさっそく観賞し号泣する。
ミュージカルの感動が再び甦り、またまた興奮状態に。

映画版はミュージカル初演時のキャストがほとんどなので
やっぱり見ごたえがあるような気がします。
歌もすっごくうまいし。

で、我慢しきれずに映画版のサウンドトラックを
またまたAmazonでポチっと購入してしまいました。
翻訳仲間のさひこさんもオススメのサウンドトラックです。

う~む!ほんとにいいです、これ!
聴いていると映画のシーンとミュージカルのシーンが同時に浮かんで
どっぷりと『RENT』の世界に浸れます。

そして、これだけでは飽き足らず
DVDについていた特典映像を見てみました。
「未公開シーン」や「もうひとつのエンディング」
そして「『RENT』誕生の軌跡」を隅から隅までじっくりと観賞。

ジョナサン・ラーソンのドキュメンタリーを観ると
『RENT』にいっそう引き込まれます。
奥が深い!深すぎる!
これぞ本物の“伝説のミュージカル”ですな。

ますますハマってしまいました。
今度は「コメンタリー」を観てしまいそうです。

1つの作品にここまでハマるのは久しぶり!
またミュージカルが観たくてたまりません!
とりあえずDVDを観るとしますか。
この休み中に何回観ることになるかな。。。
ボーン


遅ればせながら『ボーン・アルティメイタム』を観てきました。
期待を裏切らない面白さで 満足、満足です。

マット・デイモン、やっぱかっこいいわぁ。
無敵のジェイソン・ボーンにピッタリ!
どんな状況にも決して怯まず
淡々とタフに闘う姿がクールでステキです。

『ボーン・アイデンティティ』と『ボーン・スプレマシー』を復習してから
本作を観たので物語に入りやすくて より楽しめました。
前2作とのアクションの比較などもできて良かったかも。

本作はとにかくアクションがド迫力です。
特にカーチェイスのシーンは心臓がバクバク。
何と言っても音がリアル!ドルビー効果もあると思うけど…
車が衝突する時の音や部品がグシャグシャに破壊される音まで
全身に響いてくる感じ。

敵との殴り合いの肉弾戦もすごかった。ジャッキー・チェンみたい(笑)
この映画を紹介する番組の翻訳をやった時
マット・デイモンが言ってましたよ。
「全身筋肉痛で朝は起きるのがつらかったよー」って。
スタントなしで自分で演じてるんだよね。すごいよ、ほんとに。

ボーン・シリーズはこれで完結と言われてるけど
もっと続きが見たいです。

マット・デイモンも超かっこいいしストーリも面白いので★5つ!
★★★★★
テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。