映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカデミー

第79回アカデミー賞の受賞者が決定した。


<作品賞>
□ 『バベル』
■ 『ディパーテッド」
□ 『硫黄島からの手紙』
□ 『リトル・ミス・サンシャイン』
□ 『クィーン』


<主演男優賞>
□ レオナルド・ディカプリオ 『ブラッド・ダイヤモンド』
□ ライアン・ゴズリング 『ハーフ・ネルソン(原題)』
□ ピーター・オトゥール  『ヴィーナス(原題)』
□ ウィル・スミス 『幸せのちから』
■ フォレスト・ウィッテカー 『ラストキング・オブ・スコットランド』


<主演女優賞>
□ ペネロペ・クルス 『ボルベール <帰郷>』
□ ジュディ・デンチ 『あるスキャンダルの覚え書き』
■ ヘレン・ミレン 『クィーン』
□ メリル・ストリープ 『プラダを着た悪魔』
□ ケイト・ウィンスレット 『リトル・チルドレン(原題)』


<助演男優賞>
■ アラン・アーキン 『リトル・ミス・サンシャイン』
□ ジャッキー・アール・ヘイリー 『リトル・チルドレン(原題)』
□ ジャイモン・フンスー  『ブラッド・ダイヤモンド』
□ エディ・マーフィ 『ドリームガールズ』
□ マーク・ウォールバーグ 『ディパーテッド』


<助演女優賞>
□ アドリアナ・バラーザ  『バベル』
□ ケイト・ブランシェット  『あるスキャンダルの覚え書き』
□ アビゲイル・ブレスリン 『リトル・ミス・サンシャイン』
■ ジェニファー・ハドソン 『ドリームガールズ』
□ 菊地凛子 『バベル』


<監督賞>
□ クリント・イーストウッド 『硫黄島からの手紙』
□ スティーヴン・フリアーズ 『クィーン』
□ ポール・グリーングラス 『ユナイテッド93』
□ アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 『バベル』
■ マーティン・スコセッシ 『ディパーテッド』


ジェニファー・ハドソン、やったー!!!
ジェニファー・ハドソン


『ドリーム・ガールズ』の彼女の歌と演技は本当に凄かった。
あの おすぎさんも珍しく褒めまくっていたもんね。

授賞式の模様がBS11で放送されるのは3/10だそうです。
はやく見たいなぁ~。
賞が決定する瞬間の、ノミネート者たちの表情を見るのが好き。
女優陣のドレスもじっくりチェックしたい。
スポンサーサイト
テーマ:第79回アカデミー賞 - ジャンル:映画
ラジー賞

毎年、アカデミー賞前夜に行われるラジー賞こと、
ゴールデン・ラズベリー賞が発表された。

その1年の最低な映画や俳優に贈られるという不名誉な賞で
アメリカ人が いかにも好きそうな“おふざけ”だ。

さてさて、27回目となる今回の受賞者は?

<ワースト作品賞>
■ 『氷の微笑2』
□ 『リトル・マン』(原題)
□ 『レディ・イン・ザ・ウォーター』
□ 『ザ・ウィッカーマン』(原題)
□ 『ブラッドレイン』


<ワースト主演男優賞>
■ ショーン・ウェイアンズ、マーロン・ウェイアンズ 『リトル・マン』(原題)
□ ティム・アレン 『ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!』
□ ティム・アレン 『シャギー・ドッグ』、『ズーム』(原題)
□ ニコラス・ケイジ 『ザ・ウィッカーマン』(原題)
□ ロブ・シュナイダー 『がんばれ!ベンチウォーマーズ』


<ワースト主演女優賞>
■ シャロン・ストーン 『氷の微笑2』
□ ヒラリー・ダフ、ヘイリー・ダフ 『マテリアル・ガール』(原題)
□ リンジー・ローハン 『ラッキー・ガール』
□ ジェシカ・シンプソン 『インプロイー・オブ・ザ・マンス』(原題)
□ クリスタナ・ローケン 『ブラッドレイン』


<ワースト助演男優賞>
□ ダニー・デヴィート 『DECK THE HALLS』
□ ベン・キングズレー 『ブラッドレイン』
■ M・ナイト・シャマラン 『レディ・イン・ザ・ウォーター』
□ マーティン・ショート 『ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!』
□ デヴィッド・シューリス 『氷の微笑2』


<ワースト助演女優賞>
□ ケイト・ボスワース 『スーパーマン リターンズ』
□ RV クリスティン・チェノウェス 『DECK THE HALLS』&『ピンクパンサー』
■ カーメン・エレクトラ 『DATE MOVIE』&『SCARY MOVIE 4』
□ ジェニー・マッカーシー 『JOHN TUCKER MUST DIE』
□ ミシェル・ロドリゲス 『ブラッドレイン』


<ワースト監督賞>
□ 『ブラッドレイン』 ウーヴェ・ボル
□ 『氷の微笑2』 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
□ 『ダ・ヴィンチ・コード』 ロン・ハワード
■ 『レディ・イン・ザ・ウォーター』 M・ナイト・シャマラン
□ 『リトル・マン』(原題) キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ


『氷の微笑2』がワースト作品賞、
シャロン・ストーンが同作品でワースト主演女優賞を受賞。
“やっぱりムリがあったよね…”感が漂いますな。

最近不作が続くM・ナイト・シャラマンが見事に(?)2部門を受賞した。
また『シックス・センス』みたいな作品を撮ればいいのになぁ~。

“ワースト”と烙印を押されると、逆に観たくなってしまう私。
ジョン・ウィルソンは、宣伝・広告のためにラジー賞を考案したというが
まさに“思うツボ”かも?
ケビン・フェダーラインという本名よりも
 “ミスター・スピアーズ” “ブリトニーのヒモ夫”
という呼び名のほうが有名なこの男。

無名のダンサー時代にブリトニーに見初められて結婚
『ブリトニー&ケヴィン:ケオティック』では2人の夫婦生活を赤裸々に公開して話題を呼んだ。
2人の間には2人の息子がいる。

自称“俳優兼歌手”の彼は、人気ドラマ『CSI』の出演も決まり
初アルバム“Playing With Fire”も発売したばかり。
ケビン


才能は“パリス以下”と酷評されている。
当然、アルバムの売れ行きは悪く、コンサートチケットも余るほど。
トーク番組に出演したり、プロレス番組WWEのRAWに出演して
人気レスラーに必殺技をかけられたりして
文字どおり「体を張って」話題づくりをしていたのに…

今朝、こんなSHOWBIZニュースが飛び込んできた。
 
 “ブリトニー離婚!”

あ~ぁ、ついに見放されちゃったよ。
ブリトニーと離婚したら彼の行く末は見えてる。

彼のアルバム“Playing With Fire”(=火遊び)の中に
“America's Most Hated”(=アメリカ一の嫌われ者)という歌があるけど
嫌われ者キャラに徹して我が道を行くのか?

どうなる? フェダーライン!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。