映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回の日記にも書きましたが
先日、アカデミー賞のファッションチェックの番組を翻訳しました。

スターたちのファッションにチェックをいれる司会者&ゲストが超辛口&毒舌で
下ネタも飛び出すような軽いノリの番組でした。

その中で、あの菊池凛子さんにもチェックが入りました。
ゴールデングローブ賞ではシャネルのドレスを着ながらも
大ブーイングを浴びた彼女。
rinko


アカデミー賞では 全く違うテーストのシックなシャネルのドレスで登場しました。
rinko2


これには辛口司会者たちも大絶賛!
「前回とは大違い! 汚名返上したわね」
「ゴージャス! よく似合ってる」
などと褒めちぎっていました。

そして司会者の1人が一言。
“SHE REDEEMED HER COOCHY WITH THAT ONE.”

分かりますか? 「キクチ」と「クーチー(coochy)」を掛けているんです。
でも、この“coochy”が大問題!
もともとは“cooch”という言葉なのですが、辞書で引くと
「女陰;セックスの対象としての女(研究社「リーダーズ+プラスV2」より)」
となっています。つまり…
「彼女は このドレスでセクシー度(というかエロ度)を上げたね」という意味。

さてさて、これをどう翻訳するか? かなり悩みました。
いくら軽いノリの番組と言っても、あまり下品な文字は出せません。
それに「キクチ」と“coochy”を掛けていることを視聴者に分からせなければいけません。

こんな時は… ルビだのみ です。
悩んだ末、こんな訳にしました。
「このドレスの凛子は官能的だね(「官能的」の部分に「クーチー」のルビ)」

結局、クライアントさんがチェックした最終原稿では
ルビの部分が「(キ)クーチー」に直されてました。
「へぇ~、そこまでしてもOKなんだぁ」と正直思いました…。
いやぁ~今回も勉強になりましたYO。

ダジャレや掛け言葉の翻訳はセンスが問われますね。
本当に翻訳者泣かせです。

これから菊池凛子さんを見るたび
リンコ・キクーチー」と言ってしまいそう。。。
スポンサーサイト
最近、PCが凄まじい音を上げるようになった。

スイッチを入れた瞬間、ゴゴーという騒音。
そして中のモーター(?)がガラガラ…と鈍く回る音も。
ワンコの毛や埃が詰まってるのかしら…

騒音は暫くすると止まるんだけど
何かの拍子に、急にゴゴーと再び始まる。
最近、そのスパンが短くなってきた。
いつブッ壊れるかと毎日ヒヤヒヤだ。

このPCは使い始めて約3年半になる。
毎日 翻訳の仕事で長時間使いっぱなしだし
時には徹夜などもするので
PCにとってはかなり過酷な重労働だと思う。

予備のPCはあるけど、ソフトとか入れてないから
いざと言う時にはすぐに使えない。
「やらなきゃ、やらなきゃ!」と思いつつ
時間がなくて あれこれやってる時間がないよー。

早く新しいPCも買わなきゃ!
でもなぁ~ データとかソフトを入れ直すの面倒クサイなぁ。
その前に「どれにしようかな?」って選ぶのも面倒クサイ。

GWまでは何とか持ちこたえてくれー!!!
頑張れ! myパソコン!

これを書いてる間にも 3回ほどゴゴーっと唸った。
怖いよぉ(>_<)
翻訳をしている中で学んだ辞書にはない単語・イディオム・固有名詞などを紹介していきます。

さて、前回の日記にも書きましたが、今回はファッション番組の翻訳をやりました。
スラングや専門用語、固有名詞がいくつか出てきたので、ここにメモしておこうと思います。


badonkadonk  お尻、ヒップ
ネイティブの人でも、けっこう知らない言葉みたいです。
発音は“バドンカドンク”

chicken cutlets  胸パット
たしかに胸パットってチキンカツレツに似てるかも?!

shoulder dusters  ショルダーダスター;肩ぐらいまでの長さのイヤリング、ピアス
肩を掃除してくれる耳飾り?
shoulder dusters


chin sweeps  チンスウィープ;顎ぐらいまでの長さのイヤリング、ピアス
こっちはアゴを掃除してくれる耳飾り?
chin sweeps


blue rinse  白髪を染めること、白髪を染めて青紫色になった髪
青紫の髪をしたおばあちゃん、昔はたくさんいましたよねぇ。
blue rinse


Spanx  女性用矯正下着ブランド
ここの下着やストッキングは、けっこう売れてるみたいです。
Spanx


Fry Lights  スプレー状料理油ブランド
そういえば、留学時代に見かけたことがあるかも。
Fry Light


The Jestsons  『宇宙家族ジェットソン』
“30世紀の未来を舞台に、ジェットソン一家の愉快な宇宙生活を描いたハンナ=バーベラの名作!”だそうです。
『原始家族フリントストーン』の宇宙版かな?
The Jetsons



以上、“辞書にないボキャブラリー①”でした。
また新しいボキャブラリーを学んだらメモしていきます。
今回のお仕事は第79回アカデミー賞のファッションチェックの番組だった。

レッドカーペットでポーズを取るスターたちの
ファッション、ジュエリー、ヘアスタイル、メイクなどを
辛口の司会者3人&ゲストが厳しくチェックしていくというもの。

司会者は女1人&男(ゲイ)の毒舌家たち。
何でも言いたい放題でベラベラとよく喋るから翻訳するのが大変!だった。
でも掛け合いが面白くて おもわず吹き出したり。
なんだかんだで楽しく作業ができた。


ここでいきなりですが…
私が選んだベスト3ワースト3ドレスの発表です。

<ベスト・ドレス>
1st. ニコール・キッドマン@バレンシアガ
とにかく美しい!
こんなに鮮やかな赤のドレスは彼女にしか着こなせないよなぁ。
首の後ろの超特大リボンが可愛らしい
kidman


2nd.リース・ウィザースプーン@ニナ・リッチ
可愛くてカッコいい!ストレートヘアーが似合ってる。
スカートのレイヤーがゴージャス
 reese


3rd. ヘレン・ミレン@クリスチャン・ラクロア
主演女優賞も受賞した彼女は61歳。
スタイルもいいし肌もキレイ。いい年の取り方してるなぁ。
シンプルだけど、スカートのゴールドペイントがステキ!
helen



<ワースト・ドレス>
1st. メリル・ストリープ@プラダ
アカデミー賞なのに このラフさはどうなの?
彼女にとってはドレスアップとか、もうどうでもいいんでしょうね。
これじゃプラダが泣くよ。これぞ“プラダを着た悪魔”!
meril


2nd. アン・ハサウェイ@ヴァレンティノ
このデッカイ黒リボンは何ですか?! ギャグみたい。
メイクもバッチリ。白い肌もキレイ。
白いドレスもリボンがなければステキなのになぁ。
hathaway


3rd. キルステン・ダンスト@シャネル・オートクチュール
パッとしないドレスだなぁ。
子供がピアノの発表会に着るドレスみたい。
ヘアもメイクもひねりがないし…。
kristen



しかし映画スターたちも大変だなぁ。
世界中に注目され、ドレス選びにプレッシャーもかかるし、
ドレスを着たら着たで、あーだこーだ言われて。
お疲れさんです。
テーマ:第79回米アカデミー賞 - ジャンル:映画
マッチポイント

ありきたりなストーリーか…と思っていたら
意外な結末にビックリ。
「ああ、これがウディ・アレン映画なのかぁ」と思った。

実はウディ・アレンの作品をちゃんと見るのは初めてだ。
食わず嫌いというか、今まで彼の作品に心惹かれることがなかった。
今回はスカーレット・ヨハンソンが出演しているから
見てみようかなと思ったわけだけど…

過去のスキャンダルなどから
ウディ・アレン=エロ身勝手おやじ
というイメージが払拭できず…
“男の身勝手さ”とか“女をバカにしすぎ”という印象がかなり強く残った。

面白かったけど…
やっぱりウディ・アレン作品は好きになれないなぁ。

スカーレット・ヨハンソンが良かったので
かろうじて★3つ。

★★★☆☆
デジャヴ

3/17から日本公開の『デジャヴ』。
製作ジェリー・ブラッカイマー
監督トニー・スコット
主演デンゼル・ワシントン
という超豪華な顔ぶれが集結して製作された超巨編サスペンスだ。
今回、この映画を紹介する番組を翻訳した。

物語は“デジャヴ”に絡めた衝撃のサスペンス。
フェリーの爆破事件と、その直後に死体で発見された女性クレア
そして爆破事件を捜査するATF捜査官ダグが感じるデジャヴ。
これらが複雑に交錯しながら、驚愕のクライマックスへ…
という感じらしい。

映画を紹介する番組って、絶対にラストは明かさないので
翻訳していると消化不良になる。
撮影秘話や裏話は、すごく詳しくなるんだけど…(笑)。

それはさておき、
今回の注目株はヒロイン役のポーラ・パットンだ。
ポーラ

超大物プロデューサー・ブラッカイマーに大抜擢された彼女は
ハル・ベリーを若くしたような感じの正統派美人。
演技とともに映画製作にも携わってきた実力派だ。
これからが楽しみ。

アクション・シーン満載の映画らしいので
映画館の大きなスクリーンで観たいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。