映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WWEのスーパースター ジョン・シナの初主演作
ネバー・サレンダー 肉弾凶器』を購入しました。
ネバー・サレンダー
昨年3月に日本公開されましたが、あまりパッとしなかった映画です。

もともとジョン・シナのファンでしたが、「レスラー主演の映画なんて…」と
正直バカにしてたんですよね。
でも先日翻訳したシナのプロモDVDの中で
彼の家族、友人、知人が口をそろえて「すごくいい!サイコー!」と言っていたので
ついつい興味を持って買ってしまいました。

観てみたら、思ったより面白かったです。
シナ演じる主人公のジョン・トライトンが、ランボーを彷彿させる完全無敵さなんです。
あんなダンナさんがいたら心強いだろうなぁ… な~んて。

シナの演技はまあまあでした。あくまでもレスラーにしては…ですけど。
アクションシーン&爆破シーンは現実離れしていますが、超ド迫力で圧巻です。
総体的に見て「買って損はなかったかな…」と思えました。

で、気になったのが悪役のロバート・パトリック。
パトリック1

最初はマーティン・シーンかと思いました。
マーティン
ほんとにソックリなんです。でも、マーティンはもっと年老いているはず…。

それにしても、どこかで見た顔だなぁと思っていたら、実はこの人でした。
パトリック2
『ターミネーター2』に出てきた液体金属の殺人マシーンです。

いやぁ~随分と年を取りましたね。
『ターミネーター2』は1991年公開。約16年前になりますが…
それにしても老けすぎじゃないですか?(笑)

と、そんな発見もあった映画でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mpoo.blog78.fc2.com/tb.php/137-b8768f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。