映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在翻訳中の作品は
インド中を旅するジプシーと猿の話。

インドと言えば、ヒンドゥー教。
で ヒンドゥー教の神話には
猿の神様「ハヌマーン」が出てくる。

映像の中には この「ハヌマーン」の話が
ちょこちょこ出てくるのだけど
わたくし、ヒンドゥー教の知識はゼロ。
で、図書館で本を4冊借りてきた。

「インド曼荼羅大陸」
「インド教」
「ヒンドゥー教の世界」
「おひさまをほしがったハヌマン」

これらの本は図書館の本棚に置いてなくて
司書さんに奥の書庫から持ってきてもらった。
(なんで置いてないの?宗教関係だから?)

ちょっと恥ずかしかった。
ヒンドゥー教の本をこんなに借りる人っているのかな?
心なしか 司書さんも引いてる感じ?(たぶん思い込み)

もちろん全部読む気はありません。
ちょこちょこ拾い読みするつもり。

でも、ヒンドゥー教の神話ってちょっと面白そう。
獣神と呼ばれる動物の神がたくさんいるらしい。
熊神、蛇神、象神などなど…。

時間があったら じっくり読んでみたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。