映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重なっていた翻訳の仕事を月曜と火曜で無事に納品した。
ふぅ~。

今回の仕事の1つはブルース・ウィリスの最新作
16ブロック』を紹介する番組。

この中のブルース・ウィリスのインタビューで
「今回は頭の薄い中年オヤジを演じるから
生え際を後退させてカツラをつけているんだよ(わざわざ!)」
と得意気に語っていた。
16ブロック
<『16ブロック』のブルース/右側の男性:生え際に注目してあげて>

でもさ… あなたの生え際って…
すでに後退してますから!(笑)

ちょっとナルシストっぽくて喋り方もボソボソ。
セクシーさをアピールしてるのか?
(ミッキー・ロークに似てると思うのは私だけ?)
ミッキー
<ね?似てるでしょ?>

でも実は私、彼のことをけっこう好き。
『ダイ・ハード』のマクレーン刑事のイメージが強くて
タフ・ガイって感じがするから。
ただ… 鼻の下が「犬っぽい」といつも思うけど。
ブルース
<普段のブルース>

そういえば『ダイ・ハード4』が製作されるらしい。
またカッコいいマクレーン刑事が見れるかも。
がんばれ、ブルース!

スポンサーサイト
テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。