映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壮大な自然、胸に響くギターの音色
登場人物たちの悲しげな表情…
とにかく切ない映画だ。

寡黙な青年イニス役のヒース・レジャーが
とてもいい演技をしていた。
禁断の愛に溺れることも
そこから抜け出すこともできずに
葛藤し続ける男の姿を見事に演じていた。

ジャック役のジェイク・ギレンホールも良かった。
イニスを見つめる表情が仔犬のようで
彼の心情を顔色から必死に読み取ろうとする姿が
健気だった。

「美しい」というのが全体的な感想。

女性の私は素直に物語に入り込めたけど
ダンナは「…」となる箇所が多々あったようだ。

アカデミー賞8部門ノミネート
監督賞(アン・リー)、脚色賞、作曲賞を受賞。

★★★★☆
スポンサーサイト
テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mpoo.blog78.fc2.com/tb.php/37-3b37792a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。