映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インサイド・マン


デンゼル・ワシントンがカッコ良かった。
ジョディ・フォスターもセクシーな悪女ぶりがハマってた。

脚本が練られていて面白かったし
スパイク・リーっぽい作品だった。

でもラストが物足りない感じ。
視聴者の想像力を掻き立てるのが狙いだろうけど
漠然としすぎていて消化不良に…

良くも悪くも、見終った後に
あれこれと思い返してしまう作品だった。
もう一度見たら、もっと楽しめるかも。

★★★☆☆
スポンサーサイト
テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mpoo.blog78.fc2.com/tb.php/56-ce217949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。