映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前『皇帝ペンギンを追って』というドキュメンタリー映画を翻訳した。
第7回世界自然・野生生物映像祭(2005年)に出展された作品だ。

映画『皇帝ペンギン』で撮影を担当したジェローム・メゾンが
8800時間に及ぶ過酷な撮影の模様を綴っている。
映画本編にはない様々なシーンが見られる、いわばメイキングの作品だ。
皇帝ペンギンを追って


映像の美しさとペンギンたちの可愛らしさに
翻訳しながら癒やされたことを思い出す。

映像祭では“ひとつの地球賞”を受賞。
翻訳者としてもちょっと嬉しかった


そして先日、この作品が『皇帝ペンギン 撮影日誌』というタイトルで
CSのムービープラスで放映されていた。
翻訳者さんは別の人だ。
撮影日誌


ほかの翻訳者さんが、どんなふうに訳しているのかはと~っても興味がある。
でも自分の訳と比較するのは、ちょっと勇気がいるなぁ。
自分のよりずっとうまかったり、誤訳とかあったら凹むよなぁ。

見たいけど、なかなか見る勇気がないヘタレな私です。
でも、こんな経験はなかなかない。
ちゃんと比較研究して勉強しなくちゃ。
がんばろっと
スポンサーサイト
コメント
すっごい!
まりPOOさんってば凄いお仕事してるのね!
プロフィールのところを読ませてもらって、
「もしかしたらこういうのを翻訳してるのかなぁ・・・」
って思った作品が偶然にも『皇帝ペンギンを追って』でした。
作品を見てはいないんだけど、昨日のムービープラスの
番組表を見たときに目に留まったんです。
「もしかしたら」って思ったら本当だった!(笑)
“ひとつの地球賞”を受賞したなんて素晴らしいです!
2007/01/13(土) 22:24:48 | URL | 葉月 #4gI6Dq3s[ 編集]
★葉月さま
すごい!
葉月さんて、めちゃくちゃ勘がいいですね(笑)

映像祭では撮影監督のジェローム・メゾンが
来日して講演をしたのですが
私は都合がつかず本人に会えませんでした。
噂によると、かなりのイケ面だったとか…
もったいないことをしたなぁ。

仕事の話は、またちょくちょくアップしていきますので
気軽に遊びにきてくださいね。
2007/01/14(日) 00:09:05 | URL | mpoo #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mpoo.blog78.fc2.com/tb.php/59-3941aae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。