映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリームガールズ

ドリームガールズ』を見た。
豪華でエンターテイメント性も高く見ごたえのあるミュージカル映画だった。

ダイアナ・ロスがモデルというディーナ役を演じたビヨンセは
とにかく美しくて魅力的。
60~70年代のファッションを見事に着こなし
まさに“ザ・スター”という感じだった。
ディーナ

でも主演女優としては、いまいち影が薄い。
アカデミーの助演女優賞にノミネートされたジェニファー・ハドソンに
完全に喰われてしまったという印象だ。
エフィ

ビヨンセのオハコである歌のシーンでさえ
歌唱力と迫力の両方でジェニファーに負けていた気がする。

エディ・マーフィもジェイミー・フォックスも
歌の上手い女性陣に劣らない歌声を披露していた。
特にエディの歌とダンスは、本物の60~70年代スターみたい。
ジェームス

ミュージカル映画だけあって、歌のシーンは素晴らしかった。
でも、すごい形相で歌うジェニファーやビヨンセを見ていたら
聞いているこちらまで力が入ってしまった。

上映時間は130分。
ちょっと長すぎるかも?!
見終った後、お腹いっぱい… というか、
どっと疲れを感じてヘロヘロになった。

★★★★☆
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mpoo.blog78.fc2.com/tb.php/69-21ae6a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。