映像翻訳 discovery

仕事・映画&ドラマ・ショウビズなどなど 映像翻訳者の視点から discovery(発見・めっけもの)を綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッチポイント

ありきたりなストーリーか…と思っていたら
意外な結末にビックリ。
「ああ、これがウディ・アレン映画なのかぁ」と思った。

実はウディ・アレンの作品をちゃんと見るのは初めてだ。
食わず嫌いというか、今まで彼の作品に心惹かれることがなかった。
今回はスカーレット・ヨハンソンが出演しているから
見てみようかなと思ったわけだけど…

過去のスキャンダルなどから
ウディ・アレン=エロ身勝手おやじ
というイメージが払拭できず…
“男の身勝手さ”とか“女をバカにしすぎ”という印象がかなり強く残った。

面白かったけど…
やっぱりウディ・アレン作品は好きになれないなぁ。

スカーレット・ヨハンソンが良かったので
かろうじて★3つ。

★★★☆☆
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mpoo.blog78.fc2.com/tb.php/73-3382955f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。